ルーターとは

商品名

ルーター(英: router、アメリカでは /'rauter/ と発音され、イギリスとアイルランドでは /'ru:ter/ と発音され、オーストラリアとカナダではどちらの発音もされる)は、コンピュータネットワークにおいて、2つ以上の異なるネットワーク間を相互接続する通信機器である。
通信プロトコルにTCP/IPが使われるようになってから普及した。

概要

商品名

概要
ルーターはネットワーク間を相互接続する通信機器であり、コンピュータ・ネットワークの機能を分類した7層からなるOSI基本参照モデルでいえば、第1層「物理層」から第3層「ネットワーク層」までの接続を担う。
基本機能は各ネットワーク間でのIPパケットをやり取りできるようにする装置であるが、実際は基本に加えてさまざまな付加機能を実現している。

規模によるルーターの分類

規模によるルーターの分類
規模やネットワーク上で使用される位置によってルーターが分類されており、それぞれ名称が変わる。いずれもルーターとしての機能は同じである。以下に規模の大きな物から順に示す。
コア・ルーター(数千万円〜)
基幹ネットワークを構成するルーター。
インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)内の地域別ネットワークや複数のインターネット・サービス・プロバイダー間のネットワークを相互接続する。
センター・ルーター(百万円〜数千万円)
WAN回線を介して企業のネットワークやISPと企業のネットワークを相互接続する。
高速なパケット処理を必要とする場合、レイヤー3スイッチに置き換えられることがある。
エッジ・ルーター(数万円〜百万円)
基幹ネットワークの端に設置されるルーター。
   企業の支店や営業所内のネットワークをWAN回線につないで本社のセンター・ルーターにアクセスする。
リモート・ルーターやWANルーター(数万円〜)
WANを介して遠隔地のLAN同士を接続する。
ブロードバンド・ルーター(一万円以下から数万円)
家庭や小規模企業でADSLやFTTHなどのブロードバンド・インターネット接続用に使われる。リモート・ルーターの一種。
かつてはエッジ・ルーターとセンター・ルーターの中間クラスにローカル・ルーターと呼ばれるルーターがあったが、現在は「レイヤー3スイッチ」と呼ばれる専用機に置き替わっている。

熟女

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net