インターフェース

商品名

リモート・ルーター リモート・ルーターでは多くがネットワークセグメントの異なるLANインターフェースと、WANインターフェースの2種類のインターフェースを有する。

インターフェース2

商品名

ブロ−ドバンド・ルーター ルーターの技術は、家庭や小規模オフィスでの電話回線を通じたネットワークの構築にも長年使用されている。
現在のブロードバンド・ルーターにつながる初期の電話回線用インターフェース機器では、WAN 側に汎用の RS-232C などのシリアルインタフェースを持ち、モデムやターミナルアダプタなどの回線機器を介して電話回線と1対1で接続していたが、後にはダイヤルアップ・ルーターと呼ばれるWAN側にISDN回線や128kbpsまでのデジタル専用回線を直接収容する回線インターフェースなどを持ち、LAN側に複数の端末が接続できるものが多くなった。
1990年代末からの日本でのADSLや2000年代初頭からのFTTHの普及に伴う回線の高速化(ブロードバンドインターネット接続)のため、こういった製品もADSLや光ファイバーへ対応し、PPPoAやPPPoEによってADSLモデムやONU(Optical network unit = 光回線終端装置)に接続され、総称してブロードバンド・ルーターと呼ばれるようになった。
日本では、これらの電話回線とは別に、CATVや有線電話によるネットワーク構築も比較的古くから行なわれて来た。
それぞれ専用のモデムが使用されケーブルTVの同軸ケーブルや有線電話の電話線が接続されている。

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net